En salon(エンサロン)|40代・50代・60代が「毎日オシャレを楽しめる服」レディース ファッション

思色(おもいいろ)♪

日本の伝統色♪

 

「色」は何色あるかご存知ですか?

・人間の目で識別できる色は約100万色
・多めの色見本で約4000色
日本古来の和名が付いたものが約1000色

現在放送中の朝ドラ「スカーレット」は
和名:緋色、火色を英語にしたscarletを
タイトルにしたもので、黄色がかった赤
という意味。

物語の舞台、滋賀県信楽地方の
信楽焼の特徴(焼成すると緋色、
火色が発色される)と、
陶芸家のヒロインが目指す激しく
&温かい生き方

また、
平安時代に緋色は「思色 おもいいろ」と呼ばれ
火のような熱い思いを表現された
「緋色=火色=思色」
 =スカーレット
というタイトルになった。

 

 

 

 

ほかに、私が気になった

和名に付けられた三色。

①「今様色(いまよういろ)」…少し淡い紅色
 今流行りの色という意
ー 光源氏が、妻の紫の上に贈った衣装の色
として使われている。

②「浅縹色(あさきはなだいろ)」
  …やわらかい青色
 露草色を表す縹色(はなだいろ)の一つ

 ほかに
深縹 ふかきはなだ
中縹 なかのはなだ
次縹 つぎのはなだ
白縹 しろきはなだ
 の4つがある。
ー大化三年、大化改新以後の「冠位十三階」で
 九位(大青)と十位(小青)に
 深縹色(ふかきはなだいろ)が
 使われている。
※冠位では、位階(自分の身分)より下の色は

 自由に着ることができるが、

 位階より上の色は着ることができない。

③葵色(あおいいろ)
 …少し灰色がかった明るい赤紫色
 葵の花の色(薄い紫色)
 ー平安の頃から人気のあった伝統色。

色名が使われた葵の花は、
初夏に大輪の花を咲かせる
「立葵 たちあおい」のこと。

梅雨の頃に花を咲かせるため

「梅雨葵 つゆあおい」とも呼ばれる。

ちなみに、徳川家の家紋「三つ葉葵」は、
この立葵三枚を意匠化したもの。

昔の人もきっと、着物や自然の草花で色を
楽しんでいたことでしょう。
今はモノが増えた分、
昔よりもっと楽しめているのでは…

たくさんの色がある中、その日の気分で
服やメイク、小物etcの色を選んだり。
食事、生花・アレンジメント、インテリアetcで
色を混ぜたり、重ねたり、組み合わせたり、と
日々、いろんな場面で色を楽しむ
ことができます。

今の気分で何色を選びますか?

カラー診断で今の状態をみてみましょう♪
カラー診断へ✨

 

En salon(エンサロン)|メイク&ファッションで変身!「新しい自分に出会えるお店♪」

En salon(エンサロン)|40代・50代・60代が「毎日オシャレを楽しめる服」レディース ファッション

En salon(エンサロン)では、幅広い年齢層の方を対象に「自分らしくオシャレを楽しめる店♪」をコンセプトとして、メイクとファッションのトータルコーディネートを提供しております。1人1人に似合うメイク、色、デザイン、と新しい自分の発見により、毎日の笑顔が増え・人とのご縁も広がり・さらに豊かな生活が始まります!理想の自分に出会い、より楽しい日々の始まりへ☆「新しい自分を見つけてみませんか♪」

屋号 En.
ホームページアドレス https://ensalon2020.com
住所 〒920-0131
石川県金沢市東原町中208
「カフェレストラン樫」内
電話番号 090-7803-2021
営業時間 10時~16時
定休日:火、水、木(祝日は営業)
代表者名 管野 泰子 (カンノ ヤスコ)
E-mail info@ensalon2020.com

コメントは受け付けていません。

En salon(エンサロン)|40代・50代・60代が「毎日オシャレを楽しめる服」レディース ファッション

石川県金沢市東原町中208
「カフェレストラン樫」内

090-7803-2021

最新の情報をタイムリーにお届けします!
下記のSNSより、ぜひご覧ください♪

LINE公式アカウント

instagram